シミの対策を真剣に考えてみよう|美白の救世主

女の人

ほうれい線を消す治療

美容整形

美容外科で解消

ゴム紐を引っ張り、伸ばしたままにしておくと、やがてはたるみ、元の状態に戻りにくくなります。それと同じように皮膚も、皮下脂肪の膨らみによって張った状態が続くことで、たるんでくるのです。特に頬は、多くの皮下脂肪がついている分、皮膚がたるみやすくなります。そしてたるむことで下方向へと垂れていくと、ほうれい線が生じるようになります。皮膚のたるみは、張った状態が長く続くほど、つまり長く生きるほど、生じやすくなります。そのため高齢化により、頬のたるみやほうれい線に悩む人は、どんどん増えてきているのです。このことから美容外科では、フェイスリフトやサーマクールなど、様々なたるみ除去治療がおこなわれるようになっています。そのため、悩む人は増えていますが、治療によって悩みを解消できる人も多くなっていくことが予想されています。

皮膚の切除や収縮

フェイスリフトとは、頬の肌を髪で隠れる部分にまで引っ張り上げて、切り取る手術です。伸びきった皮膚を切り取れば、頬のたるみは解消されるのです。ただし頬に刺激を与え続けていると、残った皮膚までたるんでくる可能性があります。そのためできるだけ刺激を与えないよう、気をつけて洗顔やメイクをおこなうことが大事です。またサーマクールとは、振動エネルギーで線維芽細胞を刺激するという施術です。この刺激により線維芽細胞が活性化すれば、キメが細かくなることで肌が収縮し、たるんだ状態ではなくなるのです。この効果は約1年間持続するので、たるみを再び生じさせないようにするには、効果が切れる前にもう一度振動エネルギーを与える必要があります。